採用案内ページが新しいウィンドウで開きます 会社情報 事業分野別製品一覧 カテゴリー別製品一覧 財務情報 英語版のサイトはこちらから オンラインでの商品の購入はこちらから トップページ トップページ
 ホーム > カテゴリー別製品一覧 > 安全衛生保護具 > 防毒マスク > 防毒マスクの使用可能な条件・選択方法
防毒マスクの使用可能な環境条件
  防毒マスクが使用可能な環境条件は、下記の@、A及びBのすべてに適合した場合のみです。
  これらの条件に適合しない場合は、送気マスクや空気呼吸器など環境条件に合った保護具をご使用下さい。


 
@ 環境中の酸素濃度が18%以上あること。
防毒マスクは、環境空気中の有毒ガスのみを吸収缶でろ過または無毒化させ呼吸するものです。環境中の空気自体が酸素欠乏空気であっては、その酸素欠乏空気をそのまま吸入してしまい、酸素欠乏症を起こしてしまいます。

A 常温、常湿及び常圧の環境であること。
防毒マスクの除毒能力に影響を与えます。

B 環境中の有毒ガスの平均濃度が(表1)の濃度を超えないこと。
ただし1日の使用時間が30分未満の場合は、(表2)の濃度を超えないこと。
防毒マスクの種類は、厚生労働省の構造規格によりガス濃度に応じて隔離式、直結式、直結式小型に分けられていますが、顔と接顔部の間からの漏れや排気弁部からの漏れなど、ごくわずかな漏れが生じた場合であっても、毒性の高い有毒ガス等が高濃度で存在する場合は無視できません。このため、より高い安全性を考えて、それぞれのガスの毒性に応じた使用の範囲を面体の形ごとに定めたものがあります。これは、ガスの毒性に基づいて定められている「曝露限界」を基準とし、その10倍、100倍などの倍数以下で使用することとしたものです。(日本呼吸用保護具工業会技術委員会による)

 

  (表1)防毒マスクが使用できる有毒ガス濃度の上限(1日の使用時間が30分以上の場合)
 
種類
全面形防毒マスク
半面形防毒マスク
 
      隔 離 式 ※注)
2.0%ただし曝露限界のN1
2.0%ただし曝露限界の10倍
 
      直 結 式
1.0%ただし曝露限界のN1
1.0%ただし曝露限界の10倍
 
      直結小型
0.1%ただし曝露限界のN1
0.1%ただし曝露限界の10倍
  (表2)防毒マスクが使用できる有毒ガス濃度の上限(1日の使用時間が30分未満の場合)
種類
全面形防毒マスク
半面形防毒マスク
      隔 離 式 ※注)
2.0%ただし曝露限界のN2
2.0%ただし曝露限界の30倍
      直 結 式
1.0%ただし曝露限界のN2
1.0%ただし曝露限界の30倍
      直結小型
0.1%ただし曝露限界のN2
0.1%ただし曝露限界の30倍
 
◎表の見方
例えば、環境中の有毒ガスがトルエンとすると、トルエンの曝露限界は0.005%(50ppm)と定められているので、1日30分を越えての作業をする場合は(表1)より、半面形ならばその10倍の0.05%(500ppm)までが使用可能です。全面形ならば防護係数の測定を行った場合、100を上限とするその防護係数値1の倍数までが使用可能です。(防護係数値が100であれば、100倍の0.5%(5000ppm)までが使用可能です。)ただし、防護係数の測定を行わなかった場合、1は50とし、50倍の0.25%(2500ppm)までが使用可能です。(N2は防護係数の測定を行った場合、防護係数値の3倍まで(300が上限)が使用可能です。ただし、防護係数の測定を行わなかった場合N2は150となります。)
ここで言う曝露限界は、ほとんどすべての労働者が連日繰り返し曝露されても健康に有害な影響を受けないと信じられる有毒ガスの濃度の限界です。表に記す曝露限界には日本産業衛生学会の勧告する許容濃度値を適用します。ただし、許容濃度が定められていない有毒ガス等にあっては、ACGIH(American Conference of Governmental industrial Hygienists)の勧告するTLV−TWA値を適用します。


防毒マスクの選択方法(国家検定規格による)
 
  ※注) 当社では隔離式防毒マスクが必要となる環境中においては、送気マスクなどをご使用くださるようにご紹介しております。

 

| 安全衛生保護具 | 環境改善機器・設備 | 強酸性電解水生成装置 | 磁気式水処理装置 | 土壌・地下水対策製品 |
  お問い合わせ
  更新履歴
サイトマップ
興研株式会社 info_website@koken-ltd.co.jp
Copyright © 2005 KOKEN LTD. All rights reserved.