03-5276-1931

2

設置が簡単だから短工期で導入できる

シンプルな構造により設置が簡単。さらに可搬性が高いのでレイアウト変更や移設も可能です。

クリーンルームの建設は多くの制約がある

一般的にクリーンルームは、外気の流入を防ぐために気密を保った構造になっています。気密を保つためには、建屋の設計の段階からクリーンルームの設置場所を計画して気密を保てる構造にしたうえで、天井部分にFFU(ファンフィルターユニット)を埋め込み、床面をグレーチングにするなど、大掛かりな工事になってしまうことがあります。
そのため、クリーンルームの建設には数ヶ月から場合によっては年単位の時間と莫大な費用が発生してしまいます。

フロアーコーチは気密を取らないから簡単に設置できる

これまでのクリーンルームは気密を取ることで外気の侵入を防いでいましたが、KOACH(コーチ)は違います。KOACH(コーチ)の基本原理は、清浄化された空気をプッシュ・プッシュでぶつけ合い排出することでクリーンゾーンを形成していますが、これをプッシュフードそれぞれの隙間でも行っています。これを「直角合流」と呼びます。
この直角合流により、連続コーチは横方向に好きなだけ連結することができますし、フロアーコーチはプッシュフードを重ね並べるだけで、縦・横どちらにでも拡張できます。さらに、設置するときに気密を取る必要がないため、フロアーコーチEzであれば約140㎡(W7m×H2.5m×L20m)のクリーンゾーンを約1週間で設置することが可能です。

直角合流のシステム

将来的なレイアウト変更に合わせた移設・拡張もできる

フロアーコーチは、プッシュフード、ガイドスクリーン、衝突壁を組み合わせたシンプルな構造です。プッシュフードは前述のように簡単に拡大・縮小ができるため、「将来的にクリーンゾーンを拡張したい」、「別の場所に引越ししたい」という要望にも対応することが可能です。

拡大・縮小が可能なクリーンルーム
フロアーコーチEzについてはこちら

スタンドコーチやテーブルコーチなら、装置の移動はもっと簡単

プッシュフードを対向させて設置するだけで、そこに高い清浄度のクリーンゾーンを形成することができるスタンドコーチは、キャスター付きで簡単に作業場所を移動することができます。
卓上タイプのテーブルコーチはさらにコンパクトなので、複数の箇所でクリーンゾーンを使用したい場合でも、手軽に持ち運んでクリーンゾーンを移動できます。

キャスター付きで移動が簡単な
スタンドコーチについてはこちら

持ち運びができる卓上タイプの
テーブルコーチについてはこちら

採用事例紹介

  • 株式会社 ニッセイ機工(CHSニュース2014年4月掲載)

    「KOACHが作りだすスーパークリーンで世界最高レベル0.03mm極薄板溶接を実現」

  • 株式会社 島根富士通 様(CHSニュース2013年9月掲載)

    「『フロアーコーチを導入して1年、コンタミ問題は一度もない』レイアウト変更が自由な新発想のクリーンルームは、我々の「生産革命」に合致」

  • ものづくり補助金を活用!

    旭彫刻工業株式会社(CHSニュース2015年10月掲載)

    「発じんする装置があってもクリーン化を実現。
    射出成形機のクリーン化を実現できるのはフロアーコーチしかない」

KOACH(コーチ)製品
ラインナップはこちら
  • テーブルコーチ
    (KOACH T500-F)

  • スタンドコーチ
    (KOACH 900-F)
    (KOACH C645-F)

  • 連続コーチ
    (KOACH R1050-F)

  • フロアーコーチ Fs
    (KOACH Fs-F)

  • フロアーコーチ Ez/Ezp
    (KOACH Ez-F,Ezp)

  • フロアーコーチ Ex/Exp
    (KOACH Ex,Exp)

  • テーブルラミコーチ
    (LAMIKOACH J500-F)

  • ラミコーチ
    (LAMIKOACH J645-H)
    (LAMIKOACH L645-H)