03-5276-1931

スイッチを入れたらすぐに清浄空間ができる

3

スイッチを入れたらすぐに清浄空間ができる

スイッチを入れてから、わずか数分でISOクラス1のクリーンゾーンが形成できます。

クリーンベンチやクリーンルームは作業前に準備運転が必要

一般的なクリーンベンチやクリーンルームは、囲われたエリア内にフィルタを通した清浄空気を送り込み、その清浄空気でゴミやホコリを希釈することでエリア内を清浄化しています。そのため、作業の前に、目的とする清浄度を形成するための準備運転が必要となりますが、エリアの大きさや目的とする清浄度の高さによって長い準備時間を要することが多く、時間と共にランニングコスト(電気代)への負担にもなってしまうことがあります。

KOACHはクリーンゾーンを形成するまでの時間が圧倒的に短い

KOACHは、清浄化された同一ベクトル集合流がプッシュフード間の中央で衝突し、垂直・水平方向へ押し出されることにより清浄空間を形成します。希釈して清浄化するのではなく、排出して清浄化するシステムなので清浄度形成するために長い時間を必要としません。
KOACHは、スイッチを入れてから、わずか数分でISOクラス1の環境が形成でき、作業を開始するまでの準備に時間を取られないため、準備運転に必要だったランニングコスト(電気代)も大幅に削減できます。

周囲を囲ってしまうクリーンベンチに対して、KOACHは、作業台がある場合でも3方向がフルオープンな状態で使用できます。
つまり、気流の排出ルートが多いため、作業中に発生したコンタミナントがすぐに排出できます

採用事例紹介

  • 株式会社 島根富士通 様(CHSニュース2013年9月掲載)

    「『フロアーコーチを導入して1年、コンタミ問題は一度もない』レイアウト変更が自由な新発想のクリーンルームは、我々の「生産革命」に合致」

  • ものづくり補助金を活用!

    旭彫刻工業株式会社(CHSニュース2015年10月掲載)

    「発じんする装置があってもクリーン化を実現。
    射出成形機のクリーン化を実現できるのはフロアーコーチしかない」

KOACH(コーチ)製品
ラインナップはこちら
  • テーブルコーチ
    (KOACH T500-F)

  • スタンドコーチ
    (KOACH 900-F)
    (KOACH C645-F)

  • 連続コーチ
    (KOACH R1050-F)

  • フロアーコーチ Fs
    (KOACH Fs-F)

  • フロアーコーチ Ez/Ezp
    (KOACH Ez-F,Ezp)

  • フロアーコーチ Ex/Exp
    (KOACH Ex,Exp)

  • テーブルラミコーチ
    (LAMIKOACH J500-F)

  • ラミコーチ
    (LAMIKOACH J645-H)
    (LAMIKOACH L645-H)