文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

事業・製品案内

事故・災害対策用資機材→ よくあるご質問(緊急避難用マスク)

  • 事故・災害・テロから大切な命を守るために

いつ起こるか分からない火災や自然災害に加え、近年では原発事故、化学災害、NBCテロ災害等に対しても備えが必要な社会情勢にあります。
そして、実際の災害時には有害物質から身を守るための個人防護が重要となります。
個人防護はこのような災害の発生した場所へ人命救助に向かう救助隊や被災者を治療する医療関係者のほか、周辺住民が安全な場所へ避難する際などに必要となります。

  • 安全な避難のために
災害発生時の避難には、市民を安全区域へ迅速かつ混乱なく避難させるため、担当職員等により避難誘導が行われます。避難誘導にあたる際は、飛散した有害物質などによる二次被災を防止するための呼吸保護が必要です。また避難にあたっては、火災や有害物質汚染区域からの緊急避難時の呼吸保護と、避難行動中に再飛散する有害物質の吸入防止対策が必要です。

避難誘導用保護具
(消防、警察、自治体職員、消防団など)

避難誘導用保護具
救助隊用ろ過式呼吸用保護具
HR-09型

NBC災害時に発生が予想される粉じんや生物剤、化学剤等の吸入を防止し、広い視野と楽な呼吸で長時間活動での負担を軽減します。
[日本消防設備安全センター評定合格品]

避難用保護具
(一般市民・企業・公共施設・宿泊施設など)

避難用保護具
救助隊用ろ過式呼吸用保護具
ライフマスター

火災時に発生が予想される煙や有毒ガスのほか、NBC災害・化学災害・火山噴火などの災害時にも安全に避難できます。
子ども、顔の小さい人向けもあります。
[日本消防設備安全センター評定合格品]
  • 安全な救援活動のために
有害物質による被害を受けた被災者を搬送する際は、被災者に付着した有害物質からの二次被災を防止するための対策が必要です。また、生物剤等が付着した被災者の医療活動には二次感染を予防しながら治療に当たる必要があります。

被災者搬送用保護具
(救急隊、自治体職員、医療スタッフなど)

救助隊用ろ過式呼吸用保護具
HR-09型

NBC被災者の搬送時に、衣類などに付着した粉じんや生物剤、化学剤等の吸入を防止します。
[日本消防設備安全センター評定合格品]

被災者医療活動用保護具(医療スタッフなど)

使い捨て式防じんマスク
ハイラック350型

衛生状態の悪化が懸念され被災地周辺の医療活動時に、感染症予防のため使用する高性能な防じんマスクです。
[国家検定合格、米国NIOSH承認]
  • 安全な救助のために
災害時には火災や建物の倒壊などへの緊急対応が必要です。
消火活動時には、酸素欠乏症を防止するとともに、燃焼に伴い発生する有害物質からの呼吸保護が必要となります。また救助活動時は予想される有害物質に対する呼吸保護が必要です。

消火・救助活動用保護具
(消防隊、消防団など)

消火・救助活動用保護具
空気呼吸器
バイタスⅢ-A型

火災時は酸素欠乏環境となったり、高濃度の有害物質が存在します。またNBC災害時の初動活動では、被災者の救助、有害物質の特定、濃度測定など、危険度の高い活動が行われるため、高圧空気ボンベから清浄な空気が供給される空気呼吸器が使用されます。

救助活動用保護具
(救助隊、消防団など)

救助活動用保護具
救助隊用ろ過式呼吸用保護具
HR-09型

NBC災害時に、有害物質の濃度等が判明し、ろ過式呼吸用保護具で対応できることが確認された場合、捜索・救助・復旧活動用として使用される保護具です。
[日本消防設備安全センター評定合格品]
  • 関連製品

強酸性電解水除菌シャワーシステム 「ASS-1型」
(救急隊、医療スタッフなど)

<生物剤汚染時等の全身洗浄に>
生物剤汚染時は、災害現場の市民を除菌洗浄してから医療機関へ搬送する必要があります。
ASS-1型は、細菌やウイルスにさらされた人体を除菌洗浄するためのシステムです。移動が簡単で電源と水道があれば設置できます。
優れた除菌力を持ちながら人体や環境に優しい「強酸性電解水」のシャワーで洗浄と除菌を同時に行います。
緊急時において、迅速で安全な除菌洗浄を実現します。
強酸性電解水除菌シャワーシステム 「ASS-1型」

電解水運用キット「チオバスター」
(救急隊、医療スタッフなど)

<救急資機材の血液洗浄に>
事故や災害時にケガをした被災者は、救急隊により医療機関へ搬送されます。
その際に、救急資機材は血液等で汚染されることも多数あります。
チオバスターはこのような資機材の洗浄を電解水を使用して短時間で、より効果的に行うためのキットです。
電解水運用キット「チオバスター」
製品一覧PDFは、こちら
製品の詳細については、直接お問い合わせいただくか、カタログをご請求のうえご確認ください。
問合せ、カタログ・資料請求は、こちら

ページTOPへ

前のページへ戻る