文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

事業・製品案内

医療施設用マスク

  • 医療施設内に潜む安全衛生リスク

医療施設内には、インフルエンザや肝炎などのウイルス、結核やMRSAなどの病原菌による院内感染、そして消毒や滅菌用として用いられる薬剤(化学物質)による健康障害など、様々な安全衛生リスクが潜んでいます。

  • 感染症の拡大を防ぐために有効な感染対策用マスク

2003年にSARSが中国等で流行した後、2009年の新型インフルエンザ(H1N1)は、患者数の急激な拡大を国内でも経験しました。そして2014年から2015年にかけては、エボラ出血熱の恐怖にさらされ、また韓国でのMERSの流行は記憶に新しいところです。

現代社会では人とモノが国境に関係なく移動していることから、空気感染や飛沫感染を引き起こす感染症は瞬く間に世界に拡がってしまいます。さらに新たな感染症の出現の可能性は高く、新型インフルエンザなどは、その強毒化も懸念されています。

そうした感染症に対する治療、封じ込めの最前線での対応を余儀なくされるのが医療関係者の方々であり、最も感染リスクが高い職場環境の1つと言えます。

医療環境の整備や技術の進歩などがあっても、院内感染対策としての感染対策用マスク等の防護具の着用は、今まで以上に重要になってくると予想されます。

  • 薬剤・消毒薬・滅菌ガスなどの化学物質対策が必要

施設内の衛生管理に不可欠な消毒薬や滅菌ガスなどは、健康に対して良くない影響を及ぼします。医療スタッフの健康を守るためには、個人ばく露対策として、化学物質対策用マスクをはじめとした有効な防護具の着用が必要となります。

薬剤・消毒薬・滅菌ガスなどの化学物質対策が必要

製品一覧PDFは、こちら
製品の詳細については、直接お問い合わせいただくか、カタログをご請求のうえご確認ください。
問合せ、カタログ・資料請求は、こちら
  • 顔にフィットしていなければ、それは「マスク」とは呼べません

医療施設で使用されるマスクには、高いフィルタ性能や有害物質除去性能とともに、高いフィット性能も求められます。

顔とのフィット性が悪くすき間が生じるようなマスクでは、ウイルスや病原菌、そして化学物質がマスク内に漏れ込んできます。。いくら防護性能が高くても、すき間から漏れ込んでいたのでは、マスクをしている意味がありません。

当社は、フィット性を向上を目指した研究開発を続けるとともに、一人ひとりの漏れ率が数値で確認できるフィッティングテスターを利用したフィッティング測定サービスを実施しています。

その体験者数は既に40万人を超え、マスクの選択、購入の際にお役立て頂いております。

マスクフィッティング測定サービス

マスクフィッティング測定サービスマスクフィッティング測定サービス
2017年9月末現在 医療分野 産業分野 合計
体験者数(人) 156,770 246,686 403,456
件数(件) 9,989 13,065 23,054

フィット性能の高い当社製使い捨て式マスク「ハイラック」シリーズ

・FF(フリーフィット)リップ
多くの人の顔の大きさや形に合いやすい形状の接顔体(リップ)が付属。顔に自然になじんで、ぴったりフィットします。

・長さ調節の可能な紐
しっかり顔にフィットさせるために重要な紐の長さ調節ができます。
ハイブリット型クリーン化装置「LAMI KOACH」

ページTOPへ

前のページへ戻る