Recruiting website

先輩社員の声

生産技術 生産技術
H.N

(生物機能工学専攻 卒)
2013年 入社
中井テクノヤード 所属

現在の職務

  テクノヤード(≠工場)に勤務する私の職務内容は、部品の新規開発・改良に始まり、生産技術向上のための製造装置や製造工程の効率化、不良の削減、など多岐にわたります。工場において「生産以外の仕事」というと「労務管理」や製造設備の「メンテナンス」が主な仕事だと思う方が多いことでしょう(私も社会人になる前は思っていました)。しかし興研では、製造拠点を工場ではなく「価値を創造する場所」という意味を込めたテクノヤードと呼んでおり、私はいつも、この「価値を創造する場所」で働いているのだという意識を持ち、前述した職務に取り組んでいます。
 また、当社では専門知識を身に付ける環境が整備されていますので、私のように機械や電気と関係のない学科出身であっても、専門知識を取得しながらテクノヤードでの仕事を務めることができます。学生時代の所属学科に囚われずに日々新たな経験を積めています。

仕事の面白さ

photo

  いま携わっている使い捨て式マスクは、製品化してから長い歴史を持ち、非常に多くのお客様にご愛用していただいている製品です。大量に製造していますので、例えば改良を行った場合、私が選定したり、対処したりした部品や製品が世の中に広く出回り、様々なお客様に使っていただくことになります。これが面白さでもあり、醍醐味かなと感じています。

仕事をする上で心掛けていること

photo

  予定していた仕事、急に入った仕事など様々ですが、心掛けていることは締切りまでの工程を常に意識する、ということです。仕事には、優先度の他、多くの資料の準備が必要な仕事や、多方面の関係者の承認が必要な仕事、様々な角度からの検証が必要な仕事等々があります。締切りまで猶予があるように思えても、実はクリアすべき工程が多いために時間が必要でスタートが遅くなるとどうしようもなくなる、ということになりかねません。実際は、そうなってもなんとかしなければなりませんがそうならないよう、締切りまでの工程を意識しながら仕事をしています。

興研という会社を一言で言うと

  入社5年目の私はいまの職場に着任して1年半が過ぎました。どの会社でも入社5年目ともなれば、新人扱いされることはなくなり色々な仕事を任せてもらえるようになる時期かもしれませんが興研はそれ以上の仕事を任せてもらえているような気がします。例えば、技術的な提案をして、その技術の根拠をきちん説明できると、それが会社の技術として承認され採用されます。自分の手が加わったものが世に出て行くことは、もちろん大変さや不安もありますが、結構気持ちがいいものですよ!また、社内で成果を認められることはやはり嬉しいものです。
 興研は若いうちからそのような機会にたくさんめぐり合うことができる会社です。

休日の過ごし方

photo

 休日は、運動不足なので、近所の施設で汗を流すようにはしています。ただ、ダラダラと終日ドラマや映画を見ることも多いです。私の家は、江の島と箱根の中間くらいにあるためふらっと江の島や箱根の方面へ車を走らせることもあります。海沿いを走ると、サーフボード片手に歩いたり、自転車を漕いだりしているサーファーが見られ、「テレビで見たことがある!」という感じを味わえます。(私は海から遠い地域の出身なので、はじめはとても感動しました)

新卒採用はこちら
キャリア・障がい者採用
セミナー情報
採用FAQ
ビジネスストーリー
ユーザーレポート