Recruiting website

内視鏡洗浄消毒機の更新は鏡内侍UG以外考えられませんでした 医療法人愛信会内田クリニック様

 内田クリニック様は1992年埼玉県熊谷市に開業し、群馬県からも多くの愚者様が来院されています。総合内科専門医として内科全般にきめ細やかな診察を行われ、特に消化器内科(胃カメラ腹部エコー大腸ファイバー)に力を入れ、群馬県立がんセンターや、地域中核病院と連携されています。
 同クリニック院長の内田信之先生をはじめスタッフの皆さまから、内視鏡洗浄消毒装置『鏡内侍UG』導入の決め手となった自動ブラッシング機能や洗浄消毒のスピード、操作性などについてご感想を伺いました。

院長 内田信之先生
1981年自治医科大卒業
埼玉県立循環器呼吸器病センター、埼玉県立がんセンター等を経て1992年開業
日本内科学会認定内科専門医、日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医

 
内田院長に伺いました
■ 内視鏡洗浄消毒機*の更新を検討されたきっかけは何ですか?  *以下:洗浄機

▲自動ブラッシング機構(写真1)
 当クリニックでは、すでに2011年から前のモデルである「鏡内侍」を導入していました。その1台でずっと内視鏡の洗浄消毒をまわしていましたが、経年による不具合が出てきていました。その状況の中で、後継機種となる『鏡内侍UG』の新発売が案内されたのです。
■ 『鏡内侍UG』の説明を受けてどのように思われましたか?
『鏡内侍』は、「自動ブラッシング機構(写真1)」が看護師の手間を大きく省くこと、洗浄〜消毒までの工程が非常に「スピィーディ」であることが特長で、『鏡内侍UG』もそれが踏襲されています。『鏡内侍UG』は更に、機能面や操作性においても格段に使いやすくなっていると感じました。 また、よりスタイリッシュでコンパクトになっているため、設置スペースも少なくて済む(写真2)と思いました。
■ 他社の洗浄機との比較検討をせずデモもしないで購入を決めたとお伺いしました

▲スリムで使いやすい『鏡内侍UG』(写真2)
 そのとおりです。もともと使っていた「鏡内侍」もスタッフから好評を得ていました。洗浄機の中で、『鏡内侍』だけが「限られた人員で、できるだけ多くの検査を、スムーズにこなせる」という要素を満たしています。
 『鏡内侍UG』の説明を受けた段階で、ほかに選択肢はないと思い、即決しました。
■ 『鏡内侍UG』を導入して変化がありましたか?
 内視鏡検査の効率が上がったように感じますね。当院の場合も、やはりスタッフはぎりぎりの時間内で業務をこなしています。
 そのため、これまでずっと使い慣れていた『鏡内侍』の「機能」が向上し、「操作」がより楽になったことは、スタッフが余裕を持って仕事ができることにつながっていると思いますよ。
 その辺りのことは、ぜひスタッフに聞いてみて下さい。間違いなく使いやすさを実感していると思います。



看護師さん(スタッフ)に伺いました
■ 『鏡内侍』を長く使われていて、どんなところにメリットを感じていますか?

▲お話しくださったスタッフの皆さま
 最初に『鏡内侍』を導入したのは、たしか2011年の暮れだったと思います。『鏡内侍』を使用する前は、洗浄消毒が検査のサイクルに間に合わず、検査に待ち時間が生じていました。
 当時、導入する洗浄機を『鏡内侍』に決めた理由は、洗浄消毒の速さはもちろん、私たちの負担が大幅に軽減される「自動ブラッシング機能」が最大の決め手でした。『鏡内侍』を使い始めて、検査はスムーズになり、私たちも楽に作業ができるようになりました。
■ 自動ブラッシングを最初に見た時の印象はいかがでしたか?
 ただ驚きましたね。「洗浄機に洗浄ブラシが搭載されていて自動で内視鏡の管路内をブラッシングする」と説明を受けたときは「ホント?」と思いました。
 見てびっくり、実際に使ってまたびっくりでした。
■ 『鏡内侍UG』に即決された理由を教えてください

▲内視鏡セットはかけるだけ
 私たちも、洗浄機の更新をするなら「洗浄消毒のスピードが早いこと」、「自動ブラッシングであること」、「限られた業務の中で検査数をこなせること」を条件に考えていました。
 そうすると、必然的に『鏡内侍UG』しかないと思っていました。
■ 実際に使用してみていかがでしたか?
 従来の『鏡内侍』の進化版と聞いていたので心配はしていませんでしたが、操作面に少し不安がありました。
 しかし、実際使ってみて、その不安は一蹴されました。操作はとても楽で、スタッフ全員がすぐに問題なく使用できるようになりました。3月から入った新人看護師も今ではベテランさんですよ。
■ 『鏡内侍UG』の操作はどんなところが便利ですか?

▲内視鏡セット完了
 自動ブラッシングや洗浄消毒の速さは言うまでもなく、使い勝手が良くなっています。
 今度の『鏡内侍UG』は、自動で行われる洗浄消毒にいたるまでの過程が楽になりましたね。
 まず、内視鏡のセット方法が、本当に楽です。ラックにかけるだけなので、非常に簡単で、スタッフ全員が慣れるまでもなくセットできます。
 また、電解水を自動で生成する「自動生成機能」と、電解水濃度を自動で調整する「自動調整機能」が新しくついたので、私たちの操作が要らなくなり、とても楽になりました。
 そのほか、意外に役立つのが「予約洗浄機能」ですね。朝の慌ただしく忙しい時間帯にとても便利に感じます。気づいたら洗浄消毒が終わっていたという感じですね。
■ 『鏡内侍UG』を導入して、皆さまの業務にどんな変化がありましたか?
 一番感じるのは「ゆとり」です。従来から『鏡内侍』に慣れているせいか、「速さ」を感じるよりも毎日の業務に「ゆとり」を感じるようになりましたね。
 『鏡内侍UG』を導入してから7ケ月が過ぎましたが、全てにゆとりができたように思いますね。
■ 皆さまお忙しい中、大変ありがとうございました。
自動ブラッシング機能付き内視鏡洗浄消毒装置『鏡内侍UG』の専用サイトは こちら
新卒採用はこちら
キャリア・障がい者採用
セミナー情報
採用FAQ
ビジネスストーリー
ユーザーレポート