文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

IR情報

株主・投資家のみなさまへ

株主・投資家のみなさまへ

  • ごあいさつ

社長の村川でございます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

興研は創業以来、産業用マスクを中心としたセーフティ事業で成長して参りましたが、近年オープンクリーンシステム「KOACH」を中心としたクリーン事業を立上げ、新たなステージへ登ろうとしています。

私たちは新たな成長に向け、興研のDNAとも言える「人を育てる」「技術を育てる」「クリーン、ヘルス、 セーフティで新市場を育てる」ことを経営理念に掲げました。

次世代ではヘルス事業を第3の柱に育て、「クリーン、ヘルス、セーフティ」それぞれの事業を一本立ちさせることで、安定感があり、かつ力強く成長していく企業になるべく、経営陣、社員一丸となり取り組んでいるところです。

引き続き、みなさまのご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


  • 長期的・持続的発展に対する当社グループの考え

当社グループは、上記の経営理念のもと、長期的・持続的発展を目指した経営を進めております。

現在の経営環境は変動が速くまた激しく、内外ともに不確実な状況にあります。

当社グループはこのような状況においては、「クリーン、ヘルス、セーフティ」の分野でオリジナリティのある技術革新をベースに新市場を育てることを変わらぬ長期目標としつつ、1年1年具体的活動目標及び活動計画を策定し着実に遂行すること、そして経営環境の様々な変化に合わせ迅速かつ柔軟に計画を修正・変更し目標を達成していくことが長期的・持続的発展を遂げるための確実かつ最善な方法と考えております。

当社グループは上でも述べました通り、現在「クリーン事業」と「ヘルス事業」を「セーフティ事業」に次ぐ、第2、第3の柱とすべく、これまで世の中になかった当社グループオリジナルの製品を開発し、市場そのものの育成・拡大に注力しております。

こうした方針から急速な収益の拡大や資本効率の追求を行うのではなく、まずは「クリーン」と「ヘルス」の分野において新事業の育成に徹し、その結果として売上高、営業利益の拡大及び営業利益率を向上させていくことが当面の課題と捉えております。

2018年に竣工した「先進技術センター」は、技術開発員が集結して英知を交わし、「技術を育てる」能力の向上に大きく寄与する施設であります。今後は、社外の諸機関・企業との連携や共同研究を推進する拠点としてそのプレゼンスを高めるべく注力し、持続的な発展、企業価値の向上を目指します。

株主の皆様におかれましても、当社グループの成長を引き続き長い目でご期待頂ければ幸いに存じます。


  • 当期(2021年12月期) 期初の見通し

当期は、新型コロナウイルス感染症拡大の長期化が、世界経済及び日本経済を更に下振れさせる懸念があるほか、米中間の通商問題の再燃など、益々先行き不透明な状況が続くと予想されます。こうした経営環境下ですが、当社グループは、『クリーン、ヘルス、セーフティ』の各分野に対し、オンリーワン・ナンバーワンの技術開発、製品開発に不断に取り組み、これまでの営業活動をより進化させながら、新市場の育成に努めて参ります。

マスク関連事業では、引き続き感染対策用マスクの安定供給に努めるほか、電動ファン付き呼吸用保護具「ブレスリンク」シリーズや使い捨て式マスク「ハイラック」シリーズなどの高性能・高付加価値製品による産業用マスクの需要掘り起こしを図って参ります。しかし、コロナ禍に伴う製造業の稼働低下による産業用マスクの需要の減少、並びに全体としての医療市場へのマスク供給量の増加やワクチン接種の進行による感染対策用マスクの一定数の減少が見込まれます。

その他事業(環境関連事業等を含む)においては、オープンクリーンシステム「KOACH」と内視鏡洗浄消毒装置「鏡内侍ⅡG」のWebを活用した営業活動に効果的な広告活動を加えた非接触型営業も推進し、普及拡販に努めます。

  • 当期(2021年12月期) 第2四半期連結累計期間の実績及び今後の見通し

コロナ変異株の出現等で感染拡大が長引き、感染対策用N95マスク「ハイラック350型」の受注が期初予想を上回りました。また、オープンクリーンシステム「KOACH」の販売は、具体的なオンライン営業の進展により、成約率・成約数がともに向上しています。一方、産業用マスクの販売は、昨年のマスク供給不足の懸念に伴う仮需要の反動減及び製造業の稼働率低下に伴う需要減により期初予想した通りの減収幅となっており、この傾向は今後しばらく続く見通しです。

このように当社の事業分野は、長引くコロナ禍によって増収・減収両方の影響を受けていますが、当第2四半期累計期間は増収要因が勝る形となり、業績は期初予想を上回りましたが、当社の医療分野でのマスク需要の大半を占める医療従事者のワクチン接種が優先的に進められたことに伴い、受注は減少傾向にあるなど、今後のコロナ感染の収束及びそれに伴う製造業の稼働状況の動向次第では、業績数値に大きな差が生じる可能性があります。

従いまして不確定要素が大きく今後の見極めが非常に困難であることから、現時点における通期の連結業績予想は、3月18日付け「特別利益及び連結業績予想の修正に関するお知らせ」にて公表の売上高96億円(前連結会計年度比5.4%減)営業利益6億80百万円(同40.0%減)、経常利益6億50百万円(同40.8%減)、親会社株主に帰属する当期純利益6億40百万円(同23.6%減)としております。

(注)本サイトに記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在(2021年12月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)開示日/2021年8月6日)で入手している情報及び合理的と判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により異なる可能性があります。

本サイトは、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、本サイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様自身のご判断で行うようお願いいたします。
本サイトの掲載内容につきましては細心の注意を払っておりますが、掲載された情報やその誤り、またはデーターのダウンロードなど、本サイトの利用によって生じた損害、障害等に関しましては、当社は事由の如何を問わず一切責任を負いませんので、ご了承ください。



ページTOPへ

前のページへ戻る