文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

事業・製品案内

全自動内視鏡洗浄消毒装置「鏡内侍(かがみないし)」「電解水」の基礎知識へGo!

  • 内視鏡を使用する医療施設の様々な問題
医療関係者向けサイト
(医療機関等との透明性について)
①感染リスク

内視鏡の施術の機会の増大とともに、内視鏡による交差感染(物や環境を共有することによって感染微生物を伝播させること)の危険性が増加しています。

②作業環境汚染
内視鏡の消毒には、アルデヒド系の消毒剤や過酢酸等の薬剤が使用されています。そうした薬剤からの健康障害を防止するため、換気装置の設置やマスクの着用といった様々な対策が必要です。
③洗浄消毒コスト
従来の方法で内視鏡を洗浄消毒する場合、消毒剤のみならず、多くの労力と時間が必要となります。
  • 医療施設の諸問題を解決する全自動内視鏡洗浄消毒装置「鏡内侍」

様々な医療施設の抱える問題を解決するために、まったく新しいコンセプトのもとで、強酸性・強アルカリ性電解水生成装置を内蔵し、自動ブラッシングシステムを搭載した内視鏡洗浄消毒装置が「鏡内侍」です。

  • 全自動内視鏡洗浄消毒装置「鏡内侍」の特長
特長①
自動ブラッシングシステムを搭載
優れた除菌力で、細い上部用内視鏡も、長い大腸用内視鏡も対応可能
これまでの内視鏡洗浄機は消毒工程のみでした。「鏡内侍」は、従来の機械では、消毒前に行なうことが必要だったブラッシング洗浄工程を組み込んでおります。自動ブラッシングシステムは、「確実な洗浄消毒」とともに「現場での労力」を削減することが可能です。

当社独自の技術力により、消化器内視鏡の吸引・生検チャンネル内部を自動的にブラッシングするシステムを開発し、理想とされる流水下でのチャンネル内3方向ブラッシングの自動化を実現しました。吸引・生検チャンネルは体内の汚物、血液及び空気等を吸引する管路であり、生検を行う際も処置具の通路となります。 従って、汚染度合いも強いので専用のブラシによる物理洗浄(ブラッシング)が必要です。
鏡内侍
生検後、粘膜組織の一部が鉗子挿入口近くのチャンネル内部に付着している場合もあり、洗剤の吸引だけではこれを取り除くことができないので、この部分も検査毎に十分な洗浄を行う必要があります。しかし、用手洗浄(人の手で洗浄消毒を行う)を行う場合には、その作業に手間と時間がかかる為、不適切なブラッシングになる危険性があります。

「鏡内侍」はこのチャンネル内のブラッシング作業をプログラミングによって自動的に行い、確実な洗浄を行うとともに、作業レベルの均一化を実現しています。チューブ内に収納されたブラシが自動的にチャンネル内部を進退運動し、チャンネル内の3方向ブラッシングを行い、管路内壁に付着している粘液などの分泌物や血液をこすり落とします。専用の洗浄ブラシには「上部用」と「大腸用」の2種類あり、細い上部消化管内視鏡(内径2.0~3.7mm)だけでなく、長い大腸用内視鏡(有効長1,030~1,680mm)にも対応できます。
自動ブラッシング部位
特長②
電解水生成装置を内蔵。安全!消毒薬のばく露対策の必要がありません。

内視鏡の消毒に生成した強酸性電解水を使用することで、作業環境をまったく汚染することなく、内視鏡の消毒が可能です。従来の薬剤による消毒方法では、使用する消毒剤から気化する有害なガスの吸入によって、看護師、コメディカルの人たちが、被害を受ける場合がありました。鏡内侍は、こうした作業環境汚染やばく露被害を解消します。安心して内視鏡の消毒作業が行えます。 ※電解水の詳細については、こちら

特長③
洗浄時間の大幅短縮を実現!洗浄消毒時間がわずか5分(上部モードの場合)
ガイドラインどおりに手作業にて内視鏡の洗浄消毒を行うと、洗浄に5分程度、消毒に10~15分、最後に消毒液を残留しない程度まで洗い流しますと、全工程で30分以上はかかります。

この大きな作業時間のロスを大幅に解消します。「鏡内侍」では、上部消化管内視鏡を洗浄消毒するモード(上部モード)で約5分間、大腸用内視鏡を洗浄消毒するモード(下部モード)で約8分間です。検査間のわずかな時間でも、内視鏡の確実な洗浄と除菌が容易になりました。
強酸性電解水の殺菌効果
特長④
酵素系の洗浄剤が不要

洗浄消毒に使用する強酸性電解水と強アルカリ性電解水の原料は、少量の食塩と水のみです。従来の高価な薬剤で洗浄消毒する方法と比べて、非常に低コストでの洗浄消毒が可能となります。

特長⑤
強酸性電解水の弱点を克服

強酸性電解水は、血液や汚物等の有機物が多く存在すると、その影響を受けやすく、殺菌効果が十分に発揮できないとされておりますが、「鏡内侍」では、「自動ブラッシングシステムの搭載」と「強アルカリ性電解水の活用」によりその弱点を克服しております。胃粘液に含まれるヘリコバクターピロリ菌、血液に含まれる肝炎ウイルス、大腸内に存在する嫌気性芽胞菌など、多くの細菌・ウイルスに効果を発揮します。

(注)
機能水(電解水、オゾン水)を使用した内視鏡洗浄消毒装置に関しては、「消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド(2013年7月10日発行)」の文中に、一般財団法人機能水研究振興財団発行の「機能水による消化器内視鏡洗浄消毒器の使用の手引き(2012年7月14日発行/2015年5月30日第2版改訂・PDF:4.47MB)」などを参照の上、各施設の責任において、適正かつ慎重に使用することが強く望まれるとの記載があります。

  • 本体仕様・設置環境
本体名 鏡内侍KOM-ED-O2
鏡内侍KOM-ED-02
鏡内侍KOM-ED-F2
鏡内侍KOM-ED-F2
対応可能内視鏡メーカー オリンパスメディカルシステムズ㈱ 富士フイルム㈱
本体寸法 高さ1,038×幅640×奥行860mm
重量 130kg
定格電圧 AC100V
電源入力 1500VA
適用内視鏡 医療用の軟性消化管内視鏡に限定する
(上部消化管内視鏡及び下部消化管内視鏡に限る)
ウレタン系樹脂でコーティングされていること
同時に洗浄出来る内視鏡の本数 1本
洗浄消毒時間 上部消化管内視鏡洗浄5分 (目視確認時間含み約6分)
下部消化管内視鏡洗浄8分 (目視確認時間含み約9分)
電解水の生成量
強酸性電解水:毎分600±100ml
強アルカリ性電解水:毎分600±100ml
電解水の性状
強酸性電解水 pH2.2~2.7、残留塩素濃度20~60ppm、
酸化還元電位1,100mV以上、 強アルカリ性電解水 pH10.0~11.8
電解方式 連続電解方式
電解槽洗浄方式 自動洗浄(1時間毎に電極洗浄)
添加液(電解補助液) 20%塩化ナトリウム水溶液(添加剤250を原水に溶解)
設置方法 据置式(キャスターによる移動可能)
給水仕様 元止め方式・分岐栓接続(水道直結式)
排水方式 内蔵ポンプによる強制排水(床排水)
医療機器認証番号 22200BZX00738000
医療機器の分類 管理医療器(特定保守管理医療機器)
一般名称 軟性内視鏡用洗浄消毒器(35628000)
EMC規格 EMC規格 JIS C 1806-1 : 2010に適合
周囲温度 5~35℃
相対湿度 85%以下(結露なきこと)
入水量 毎分17L以上
入水圧 0.1~0.75MPa
排水設備 床排水(塩ビ管サイズ50A以上)、排水能力:毎分20L以上
使用原水 水道水または精製水
使用原水に水道水を使用する場合は、軟水器等の前処理装置を取り付けてください
製品の詳細については、直接お問い合わせいただくか、カタログをご請求のうえご確認ください。
問合せ、カタログ・資料請求は、こちら

ページTOPへ

前のページへ戻る